Point

ここでは、FXの初心者の方の疑問に対応するために、FXの人気の秘密などの情報についてご紹介します。

 

 

バイナリーオプション用語

バイナリーオプションを始めるなら、これだけは覚えておきたい!という用語があります。意味を知っておくだけで更にバイナリーオプションを楽しむこともできますし、自分が向いているなと思う取引オプションも見つかりやすくなるはずです。


・ハイ/ローオプション

バイナリーオプションと言えばハイ/ロー型、のように最も定着しているオプションです。自分が選んだ対象銘柄が、取引が満期を迎える時点で現在レートよりも上=ハイになるか、下=ローになるかを予想します。基本的な呼び方はハイ/ローオプションですが、業者によってはラダーオプションと呼んでいたり、このオプション自体をバイナリーオプションと呼んでいるところもあります。

・ワンタッチオプション
取引を開始して終了するまでの時間帯がポイントとなるワンタッチオプションでは、対象銘柄のレートがこの時間内に設定されたレートに届くか=タッチする、しないかを予想します。業者によってはタッチオプションとも呼ばれます。稀にワンタッチオプションでと呼ばれているものでも、ルール自体が別物という場合もあるので取引前には必ず確認しておいた方がよいかもしれません。

・レンジオプション
対象銘柄のレートの範囲=レンジが決まっています。上下に設定されたレート内に、取引時間中収まるのか、範囲外になるのかを予想します。レンジオプションの判断基準は業者によって異なりますので注意が必要です。例えば取引が終了する満期時間のレートで判断するタイプ、このパターンなら取引時間中のレートは関係ありません。一方、満期になるまでの取引時間帯すべてが判断基準とし、設定されたレートの推移を判断する業者もあります。(※区別するためワンタッチオプションではないタッチオプションと呼んでいます。)

・チケットとは
バイナリーオプションでは、まず「チケット」を購入するところからスタートします。チケットの単位はロットです。1つのチケット=1ロット、100円とすれば1000円で10ロット購入できることになります。これがバイナリーオプションの投資であり、1000円を投資して取引を行うということになります。

・ペイアウト、ペイアウト率について
配当金=ペイアウトです。自分がバイナリーオプション取引を成功させ、予想を的中させた時にもらえるお金がペイアウトであり、その割合をペイアウト率といいます。1ロット100円のチケットを10購入し1000円を投資したとします。ここでペイアウト率が180%だとして予想が的中した場合、ペイアウトとして受け取ることができる金額は1800円と言う計算になります。

・通貨ペアとは
米ドルと日本円、ユーロとポンド、など2種類の組み合わせ通貨のことを意味します。バイナリーオプションで行われる取引はこの通貨ペアが対象です。業者によっては更に幅広く株式や株価指数なども対象にして取引を提供しているところもあります。

・権利放棄について
チケットを購入し、取引時間の終了=満期になるまで待たずに取引そのものを止めることです。取引途中で精算、権利そのものを棄てることを指します。
バイナリーオプション取引は予想が外れてしまうと投資額全額が消えることとなりますから、購入したオプションのレートが予想とは別の方向に動いてしまった場合など権利放棄を使って損失のリスクを最小限にすることができるのです。その場合投資額の一部は戻ってくることになります。但し権利放棄を認めている業者とそうでない業者もありますし、だいたい権利放棄ができるのは満期になる2分前などと条件があるので注意です。


バイナリーオプションの基礎知識、ルールや戦略などはFX攻略サイトや海外FX比較情報のサイトなどにも掲載されています。FXもバイナリーオプションも根本的なアプローチ方法は同じなので、参考になるポイントも多くバイナリーオプションに活かせる情報を得ることもできるはずです。