Point

ここでは、FXの初心者の方の疑問に対応するために、FXの人気の秘密などの情報についてご紹介します。

 

 

FXの通貨ペアとは

FXの取引では、通貨ペアという言葉が登場します。通貨ペアとは、米ドルと円のように、取引をする通貨同士の組み合わせ(ペア)のことを言います。さらに詳細は別途こちらのFXオプション取引のナビサイトから情報を引き出せます。

FX取引では、この通貨ペアを取引単位として、通貨の売買を行います。この通貨ペアを売り、または買いを行うことで取引を行います。今、その通貨を持っていなくても取引できるのは、FXの特徴の一つです。

通貨ペアは、2つの通貨の間に「/」を入れて表示します。例えば「米ドル/円」という具合です。この「/」を挟んで左側が基軸通貨になり、右側は決済通貨になります。

FX 初心者にも分かりやすいように基軸通貨と決済通貨について、説明しましょう。例えば米ドル/円を買ったとします。この場合は、日本円で米ドルを買ったということになります。

逆に米ドル/円を売るということは、米ドルを売って円を買うことを意味します。つまり決済通貨で、基軸通貨を売買するということになります。

通貨ペアのしくみ

ある通貨を買って、ペアになっているもう一方の通貨を売るのが、FX取引の考え方です。そしてFX取引の場合は、例えば円しか持っていなくても、ユーロ/ドルの通貨ペアの売買ができるのが最大の特徴です。これは、例えば外貨預金などと比較すれば、よりはっきりするので、FX 攻略には一番知らなければならない情報と言えるでしょう。外貨預金などは、手元に円しかなければ、円を売ってドルを買うなり、円を売ってユーロを買うことしか出来ません。

しかしFX取引は、それが可能なのです。それはFX取引が「外国為替証拠金取引」と呼ばれる「証拠金取引」だからです。「外国為替証拠金取引」というのは、実際に通貨を売買するのではなく、買った為替レートと決済した為替レートの差額だけで取引を行うのです。

為替レートはなぜ動く?

通貨レートが変動する理由は、本当にたくさんあります。しかし基本的な考え方は、通貨レートはその国の通貨の相対的価値を表すということは変わりません。例えば円高になるのは、日本円の価値が相対的に上昇しているからです。日本円の需要が高いから円高になるのです。

逆に例えばアメリカが不況になれば、ドルの価格は下落します。不況なので、アメリカ国内では物が売れない。物が売れないなら、当然儲けも少なくなりますから、ドルを持っていてもあまり儲からないので、売ってしまおうとなるのです。為替レートは、経済状況をダイレクトに反映しますので、経済に影響があること、例えば経済指標、金利、要人の発言などが大きく影響するのです。メタトレーダー4チャートを一番拡大すると、その一瞬の時間に何があったのかがよくわかるようになっています。

各国の為替レートの変動には、ある傾向があります。地理的に近い国の通貨は、連動する傾向があるのです。例えば米ドルとカナダドル、豪ドルとニュージーランドドルなどです。一方で米ドルとユーロは逆に動く事が多く、どちらかが下がればもう一方は上がるという傾向があります。